スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホイールの組み方

ホイールを自分で組んでいるとアタマの中がこんがらがってきますが
完成形はだいぶ頭の中に入ってきました、
タイヤの向きとスポークの張り方。
最近はつい人のホイールを見ちゃいますね。

そんな中、不思議なホイールを見つけました。

1001191.jpg

リア反対側ラジアル。一応36Hですが。

トリック系バイクだったのでちょっと心配になりましたが
ググってみたらわりと事例のある組み方みたいですね。

こんなの組んでたら余計頭がこんがらがりそうです。


にほんブログ村 自転車ブログへ
にほんブログ村
スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://honday3.blog52.fc2.com/tb.php/8-e94ddcdb

Comment

Kino | URL | 2010.01.20 23:29 | Edit
このギアサイドをタンジェント ノンギアサイドをラジアルのスポーキングは
ピスト用ではあまりしませんが ロードでは良く見ますね

ホイールのギアサイドのスポークには駆動力が掛かるが
逆側はホイールを支えているだけ と言う考え方で
ラジアルにする事で スポークを短くする事が出来 重量を軽くするのが 大きな目的かな
honday | URL | 2010.01.21 18:38 | Edit
なるほどですね。
こうなってくると片側ラジアルにすることで
どれだけスポーク重量が軽くなるか計算してみたくなりますね。
Kino | URL | 2010.01.21 18:51 | Edit
3クロスとラジアルでは ハブとリムの組み合わせにも依りますが
120ミリ巾のハブだと 17ミリ前後変りますから この重量差は結構ありますよね
honday | URL | 2010.01.22 16:02 | Edit
なるほど17mmですね、、、

DT SWISS CHAMPIONクラスで
293mm→1本6g=1mmあたり0.02g

17mm違うという事は17×0.02=0.34g/本
36本×0.34g=12.24g

うーん・・かなりシビアな数字になってきた(笑)

Kino | URL | 2010.01.22 19:21 | Edit
スポークの17ミリって たったそれだけの差なんですか
300ミリと305ミリのスポークを 1セット持つと凄く重量の差を感じるのにな

でも回転部の重量差は 他の部品以上に実走行に影響しますから
ここでの軽量化は重要ですね

それとラジアルの方が空気抵抗が少なくなるので これも優位な点かな?
honday | URL | 2010.01.22 20:07 | Edit
うーん、この計算が正しいのかどうか自信がありません(笑)

でも今時のホイールはリアだけで3ケタグラムですから
たとえこのグラムでも軽量化は重要なんでしょうね。
Comment Form
公開設定

出目カウンター
Categories
Recent Comment
Recent Trackback
Links
このブログをリンクに追加する
Archives
Search
Profile

honday

Author:honday
Tokyo追い込めない中年
twitter

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。