スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

異常に長く・・・はない?

昨日銀次郎さんが、SB値73cmは異常に長いと言っていたので
なんか間違えたかなーと思って計ってみても73cm。

そういわれてみれば、バランス取れてるのにどうも納得いかねーなー
と思って通勤車と重ねてみました。

1004201.jpg


なるべく似た角度で、スケールはホイールの大きさで合わせて
ほんでサドル先端を揃えてみました。

とはいっても角度とか所詮テキトーに撮った写真なので全然正確じゃないですね。
あくまでもイメージです(笑)
TOP長は2cm違うだけですから。


と、こんなバカな事やってるヒマがあったら乗りなさい!
って云われそうですね。

にほんブログ村 自転車ブログ 初心者サイクリストへ
にほんブログ村

スポンサーサイト

Trackback

Trackback URL
http://honday3.blog52.fc2.com/tb.php/71-9bf8759a

Comment

Kino | URL | 2010.04.22 09:21 | Edit
先日からhondayさんが記事にされている サドルとハンドルの関係

ちょっと自分のロードを測ってみました このポジションは選手として絶好調の時から 触っていません

サドルの高さ これはB.B芯から シートチューブに添って シートポストが突き抜ける部分まで
シート角に沿って測れば良いのかな
(B.B芯から 垂線を上げて、サドルの高さを測るのと違いますよね)
私の場合 これが 655ミリ

サドル先端から ブレーキレバーを持った時親指と人指し指の股が当る部分までの距離(手の平ならもっと手前になる・・)
これが 585ミリ(これを S.B と言うのかな)

先日からの係数 0.96 を掛けると
655 ミリ × 0.96 = 628.8 ミリ

これからすると 私の現状のポジションはハンドルが 43.8 ミリも近い事になりますね

これは私が想像していた通りです 私が後ろ乗りと言う訳では無く
腰を折り、上半身をハンドルに向う様な乗り方ではなく
腰から背中にかけて かなり斜め上向きに突き出す乗り方だからでしょう

自転車の練習の大半を 登り坂に費やしていました
その結果、坂は背筋で登る その為の乗車姿勢とポジションだと思います

この係数
身長の低い選手は サドルの後退位置には限界が有ります
B.B芯から50ミリの後退なんて(これはUCI規則) 通常のシート角ではまず無理です
(ここで UCI規則にも、身長の低い選手はその限りでは無いとの但し書きが有る)

このS.B距離と係数 あまり小柄な選手には当てはまらないのじゃないかな?
一つの目安にはなると思いますが 拘り過ぎも良くないと思います
Kino | URL | 2010.04.22 09:49 | Edit
連続コメント ごめんなさい

hondayさんのロード
最初の写真を見た時に感じたのですが サドルの前後位置がやや後ろではないのかな?

ハンガー芯から垂線を上げ そこから幾ら後退していますか?
もし 通勤自転車が自分で乗り易いのであれば それに合わせるのも良いと思います

hondayさんの身長であれば 競技規則の後退寸法 50ミリ以上はクリア出来ているでしょう
この前後位置は 結構大切な部分です サドルの高さより重視して良いでしょう
honday | URL | 2010.04.22 12:03 | Edit
kinoさん
すべて自己流でやってるので、いいのか悪いのかさっぱりわからない中での貴重なアドヴァイスありがとうございます。
なるほどー、坂を上るためのセッティング、
実績のあるkinoさんの数値を伺って、やはりこの係数はすべてに当てはまらないというのがよくわかりました。
あくまでも「目安」ですね。

あとハンガー芯とサドルの関係は結構気になってました。目一杯サドルを前にするのはどうなんだろうって。
で、ご指摘のハンガー芯からシートの後退ですが現状7cmほどありました。
よってサドルを15mmほど前に。(これでシートレールいっぱいです)
あとハンドルをショートリーチにして20mm、
ステムを10or20mm短くして全体で約5cm近づけます。
これでほぼ通勤車と近似値になる予定です。

しかし、UCIの規則って結構?なものが多いですね。
トラックですとハンドル下端がタイヤより上になければならないとか。
小柄な選手等はアップライトなポジションになっちゃうでしょうし・・。

Kino | URL | 2010.04.22 14:12 | Edit
自転車のポジション出しは本当に難しいですね

最初は何かの基準を頼り そこから自分の体型、身体の柔軟度、脚質 それらが加味され ベストポジションが決まっていきますからね

でもはっきり言えるのは サドルを後退させ過ぎると
ケイデンスを上げるのは難しくなります これはローラーでもがいている時の 
お尻の位置を想像して頂ければ 何となく分るかと思います

私の頃は 靴底は薄い物 それが今の靴はかなり厚味が有ります
それを考えると 私のロードは後、15ミリ サドルを上げた方が良いでしょうね
そうなると 益々この係数から離れてしまいます
まあ 私は少し特異な乗り方をしていたのも事実ですが・・・

特にトップスピードが無く スプリンターから比べると 亀みたいなもんでした(笑)
honday | URL | 2010.04.23 20:31 | Edit
そんなーkinoさんが亀だったらボクは石ですねえ(笑)

サドルの前後位置、なるほど、確かに。
現状、脚質超弱、身体の柔軟度ゼロという初心者ですからポジションの固定はなかなかムツカシイですねー。
とりあえず通勤車に近いところから試していこうかと思います。

Comment Form
公開設定

出目カウンター
Categories
Recent Comment
Recent Trackback
Links
このブログをリンクに追加する
Archives
Search
Profile

honday

Author:honday
Tokyo追い込めない中年
twitter

FC2ブログランキング

FC2 Blog Ranking

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。